コラム

医療機関での安心でスピーディーな海外渡航のためのPCR検査について

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を受けて、多くの国が入国者に対して渡航前のPCR検査の実施と、それに関する陰性の結果証明書、または新型コロナウイルス感染症のリスクを評価した診断書の提出を求めています。

当院では、海外渡航者のための新型コロナウイルスに対するPCR検査の結果と渡航用陰性証明書をお求めやすい価格かつスピーディに発行しております。

海外渡航のためのPCR検査受検時期

まず最初に、各国の大使館より、出国から何時間もしくは何日以内のPCR検査の結果が必要かお確かめください。

PCR検査や陰性証明書に関する入国条件は、渡航先の国によって異なります。

渡航国により、入国前72時間以内、搭乗前72時間以内、入国5日以内など、指定される検査時期が異なるため、各国の大使館、領事館、保健機関等からの最新情報をご確認ください。


外国籍の方のご受診も可能です。(We accept International customers)

必要な持ち物

パスポート

パスポート、日本及び渡航先の住所がわかるものをお持ちください。

検体採取の仕方

鼻咽頭検査

鼻から滅菌済みの綿棒を挿入し、おおよそ10秒程度で鼻咽頭検体の採取が完了します。その後RT-PCR装置にて随時PCR検査を致します。

渡航用陰性証明書の発行

渡航用陰性証明書は、書面での受け取りのため、検査日翌日以降ご来院にてお受け取りください。
※証明書の郵送は行なっておりません。


記載内容は下記になります。

  1. 氏名
  2. 性別
  3. 生年月日
  4. パスポート番号
  5. 検査日
  6. リアルタイムPCR(RT-PCR)の結果が陰性である
  7. COVID-19を疑う症状(熱・咳・咽頭痛・呼吸困難・悪寒・倦怠感・筋肉痛・頭痛・下痢・嘔吐・味覚や嗅覚障害など)がない
  8. COVID-19患者との接触がない
  9. 渡航や就労に適した状態である
  10. 証明書の発行日
  11. 診断医の直筆のサイン
  12. クリニック連絡先、公式印(角印)

海外渡航用陰性証明書を含むPCR検査の費用

PCR検査と渡航用陰性証明書の発行で

15,400(税込)

になります。

検査のためのクリニック滞在時間

10分程度

当院での対応

当院では、複数台のPCR検査装置を導入し、スピーディーな検査体制を整えております。

海外渡航用PCR検査で陽性と判定された場合

PCR 検査の結果が陽性であった場合には、保健所に連絡させていただきます。なお、陽性と認められた場合には、感染症法に基づき保健所の指示に従っていただきます。

出国後について

入国時や入国後の対応は、渡航国の方針に従うことになります。
PCR 検査の証明書は、入国を確実に保証するものではありません。また、入国後の活動制限をなくす効力があるわけではありません。

検査予約方法

Web予約ボタンから検査のご予約が可能です。

医療機関での安心でスピーディーなPCR検査を行っております。海外渡航用陰性証明書の受け取りは検査翌日以降から可能です。

理事長 小橋大恵(整形外科)

主な経歴

2005年   群馬大学卒業 前橋赤十字病院
2007    聖隷浜松病院
2008    鶴岡市立荘内病院
2009    池上総合病院 等
2013年   医療法人社団 天太会 理事長

所属学会・団体/認定資格等

日本渡航医学会

日本整形外科学会

日本整形外科学会専門医

チームメディカルクリニックの「今」を伝える連載コラム。

クリニック経営の最前線で奮闘する院長や理事長、スタッフによるコラム。
当院を受診されるすべての患者様・受診者様とご家族に、身体とこころの安心をお届けする
ために、日頃の健康のお役に立つ情報を今後も定期的に発信してまいります。