脳ドック

bg_cause_sp

特別顧問 石橋 敏寛

チーム メディカル クリニックの脳ドック

脳の疾患は自覚症状なく進行し、突然発症すると命を取り留めたとしても、言語障害などの重い後遺症を残すことが少なくありません。脳ドックは、MRIを使って、脳の疾患や萎縮を発見する検査です。

当クリニックは最新の3T(テスラ)MRIを導入し、短時間で高精度な検査を実現しました。さらに脳の疾患やアルツハイマーの小さな危険因子も見逃すことのないように読影専門医と常にダブルチェックを行っています。万一疾患が見つかった場合も、当日のうちに提携の医療機関をご紹介し、適切な治療が受けられるように体制を整えました。

また、脳卒中などの脳疾患の原因には高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病や、過度の飲酒や喫煙が挙げられます。脳ドックをより効果的なものにするためにも、人間ドックをあわせて受診することをおすすめします。

bg_cause_sp

特別顧問
石橋 敏寛

チーム メディカル クリニックの脳ドック

脳の疾患は自覚症状なく進行し、突然発症すると命を取り留めたとしても、言語障害などの重い後遺症を残すことが少なくありません。脳ドックは、MRIを使って、脳の疾患や萎縮を発見する検査です。

当クリニックは最新の3T(テスラ)MRIを導入し、短時間で高精度な検査を実現しました。さらに脳の疾患やアルツハイマーの小さな危険因子も見逃すことのないように読影専門医と常にダブルチェックを行っています。万一疾患が見つかった場合も、当日のうちに提携の医療機関をご紹介し、適切な治療が受けられるように体制を整えました。

また、脳卒中などの脳疾患の原因には高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病や、過度の飲酒や喫煙が挙げられます。脳ドックをより効果的なものにするためにも、人間ドックをあわせて受診することをおすすめします。

Q&A

Q
A

脳卒中は、脳梗塞、脳内出血、くも膜出血の総称であり、高齢化社会に伴い、寝たきり、要介護の原因となる疾患の第1位です。発症から速やかに治療できれば後遺症を防ぐことが可能ですので、頭痛の気になる方はもちろん、自覚症状がなくても生活習慣病が気になりだす40代になったら受診されることをおすすめします。

Q
A

脳卒中を引き起こす原因として、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病、2親等以内の親族に脳血管疾患の病歴のある方などが想定されています。このような方は受診をおすすめします。当院の脳ドックは、脳梗塞、隠れ脳梗塞、隠れ脳出血、脳動脈瘤(くも膜下出血の原因)、アルツハイマー病、脳腫瘍、軽度認知症などの早期発見が可能です 。

Q
A

脳ドックは血管の異常や腫瘍の有無、梗塞や萎縮を調べる目的で行われます。受診結果によっても違ってきますが、特に異常のなかった方では2~3年に一度の受診をおすすめします。

Q
A

MRIもMRAも仰向けに寝たまま頭部を固定して、トンネルのような装置に入り 、30分程度横になっているだけで終了します。磁気を利用して体内を映し出す検査です 。磁気を使用してているため、放射線を浴びることがなく、痛みなども全くありません。

Q
A

当院は、経験豊富な脳神経外科医が診察を担当、脳梗塞や脳動脈瘤などが見つかった場合は、提携している東京慈恵会医科大学附属病院などと迅速かつ緊密に連携して治療に当たります。

最新3T(テスラ)MRIが
少しの異変も見逃しません

最新3T(テスラ)MRIは、大病院などの臨床現場へ積極的に導入が進んでいる最新機器です。
一般的な1.5T(テスラ)MRIの4分の3程度の時間で、約2倍の高画質・高精密な画像を描出できるので、脳や血管の微細な異常も見逃しません。

3T MRI検査でこんなことを調べます

FLAIR(フレアー)

水成分を見えなくし、脳内の出血や、虚血している血液成分を強調して検査することができます。

T1WI(ティーワン強調画像)

脳の内部構造や脂肪組織、萎縮の程度など、脳全体を観察することができます。

T2*WI(ティーツースター強調画像)

脳内の出血を鋭敏に捉える撮影法で、微小な脳出血を発見することができます。

DWI(ディフュージョン:拡散強調画像)

CT検査ではわかりにくい、超急性期脳梗塞や悪性腫瘍を診断することができます。

頭部MRA

脳の血管の流れや状態を調べます。無症状の脳動脈瘤や血管の閉塞・狭窄を調べることができます。

頚部MRA

頚動脈の血管の状態を見て動脈硬化を調べることで、脳梗塞の兆候を調べることができます。

VSRAD(ブイエスラド)システムで軽度認知症を早期発見

脳ドックでは、VSRADと呼ばれるシステムを用いて、MCIやアルツハイマー型認知症発症の危険性を予測できるようになりました。
最近物忘れが増えたとお感じの方に受診をおすすめします。

VSRADは、これまで目視では難しかった早期アルツハイマーに特徴的な、脳の内側側頭部の萎縮を視覚的に読み取ることができるソフトウェアです。
MRIの画像情報から脳の画像を標準化し、健常者のものと比較することによって、萎縮の度合いを表示し、
早期アルツハイマー型認知症のリスクを診断します。

脳ドックの診断結果は当日ご説明します

当クリニックでは、脳ドックの結果を、東京慈恵会医科大学附属病院の脳神経外科専門医が受診当日にご説明します。
3T(テスラ) MRIの導入により検査時間も大幅に短縮、1時間程度としています。

※平日の16:00~18:00。
※事前の予約をお願いします。

連携病院を即日ご紹介します

脳ドックの受診結果によって、専門医療機関での精密検査や治療が必要と診断された場合、ただちに当クリニックの連携病院をご紹介します。
スムーズに検査や治療が受けられるよう、紹介状をお渡しします。ご自身で病院を探す負担を軽減し、患者様の健康をサポートします。

見落としを防ぐため、Wチェックを徹底しています

重大な所見の見落としを防ぎ、精度の高い診断ができるよう、画像読影のWチェック体制を整えています。
MRIや内視鏡検査、エコー検査等、すべての検査画像を対象としています。
提携読影機関「京都プロメド」にオンラインで画像を共有し、所属する京都大学医学部の読影専門医と確認の上、最終的な診断を下します。

京都プロメドについて
京都プロメドの読影センターでは、大学や病院と同等の環境を整えています。
読影システムは、多くの医療機関で実績のある横河医療ソリューションズ製を採用。
同時に読影できるのは最大13名で、医師同士で議論を尽くすことによって多角的な視点から診断しています。詳しくはこちら

体のすみずみまで調べる
「人間ドック」もご一緒に

人間ドックは、多岐にわたる検査項目で、体のすみずみまでチェックします。
脳ドックと組み合わせることで、将来的な病気の予防や早期発見に役立ちます。